しばらく休業する決断に至る

「新型コロナウィルス」

じわじわと感染者が拡大し、イタリアやニューヨークの状況を知れば知るほど

不安が募る。

ここは広々としたガーデンカフェなので余程のことでは大丈夫と思いつつ、しかし
気持ちよく仕事が出来ない。
店として営業自粛するべきか正解は無いまま、タイミングも計れないまま時が過ぎる。
私はいつもお客様との会話のキャッチボールで尋ねる、「どちらから来られましたか ?」
先日来られたお客様にもつい同じ気持ちで尋ねたら、「すみません、東京からです。
招かれざるお客ですよね…。」と、答えが来た。
そんなつもりで聞いたのではなかったので、戸惑い、後になって申し訳ない気持ちに
なった。そうか、営業していると一定のお客様は来て下さる。
しかし、皆さんからは少々後ろめたさが覗いている。
気づけばお客様がアップするInstagramの#タグ付けも明らかに減っている。
自分たちが外出先で食事していることを知られたくないのだ。
ここを開けることで来店を誘惑してしまうのであれば、いっそ閉めた方がお客様も
「来る」という選択肢が無くなるわけだ。
そしてその結果、感染率を下げることに繋がるのであれば、ここは私が今決断する
時なのかもしれない。
また、いつだったか、ある人に「ひろみさんは何のために仕事しているのか ?」と
問われたことが有った、私は「identity」と答えた。自己の存在証明である。
山梨に移住してきてから選んできた仕事は、食べるために働くものではなく、
自分の生き方を表現することが仕事と繋がればより嬉しいと思って目指してきた。
その生き方証明としても、まずはスタッフ、ボランティア、私たちが健康である
必要が有り、より良い環境のデコ・ボタニカルを長く維持していくためには、後ろ
めたさは全く無く、気持ちよくここで過ごすお客様が再来できるまでリセットする
べきなのではないかと決断に至ったのである。
そんなきれい毎では済まされない商売をしている方も多いのは承知しているし、
実際のところ当店も収入が途絶えて途方に暮れる事実もある。
一旦休業すると今度は「いつ」リ・オープンしたらいいのか判断が難しい。
今回の見えない敵との戦いは長期戦になりそうである。
店として、いつまでも休業を続ける体力が続くか不安は尽きないが、
有難いことに腐っている暇はない。
山での暮らしはやることは沢山ある。
情勢をしっかり見極め、私たちが出来ること、再開するタイミングを模索しながら
皆さんに忘れられないよう、春の桜爛漫の下、ガーデン作業をInstagramで報告できる
ように進めていく。
本来なら現在桜が満開なデコ・ボタニカルガーデン、多くの方が来られる時期である。
本音を言えばお客様に見てもらうように年月を費やして森やガーデン補整備してきた。
植物は今、一気に芽吹きだしている。そんなガーデンでお迎え出来ないのは本当に悔しい。
でも、植物は来年も芽吹く。
今年体感できなかったことはぜひ来年の楽しみとしよう。
10年間、開墾からコツコツと積み上げてきてカフェオープン5年目を迎える
デコ・ボタニカルをどうか応援してください。
皆さんもそれぞれの立場で今回の難局と闘っていることと思います。
またデコ・ボタニカルでゆっくり、美味しい時間を過ごしてもらえる日まで、
お互いの場所で頑張りましょう !
森を整備してきた10年で今年一番花を多く付けた「コブシの木」なんで今年なんだろうか…。
コメント