スタッフ

今年のデコ・ボタニカルはスタッフ人数が多く、

週1−2回のボランティアスタッフも入れると総勢5名。

私たち2人を加えて7名で運営している。

ボランティアといってもデコ・ボタニカルのボランティアスタッフには、
朝のミーティングも一緒に参加してもらい、ほぼスタッフと同じように全てを共有する。
ボランティアもスタッフも同様に刺激しあいながら、
そこから「何か」を感じ、学びに結びついてくれることをお互いに期待しながら。
そして、毎週火曜日の夜は賄いディナー。
デコ・ボタニカルにとって火曜日は週の最終日、冷蔵庫を一新しながら週替わりの担当が
残り物の食材や更新したい在庫を使って献立を考え、みんなが手伝いながら作る。
これがとても美味しい ! そして、時折デコ・ボタニカルメニューへ昇格されることもある。
同じ残り物食材を使っても作り手が変わればこれだけ発想が変わり、
美味しくリメイクできるってすごい。
この日はスタッフが長野で育てたそばを粉にして作ったガレットとそばの実サラダ。
贅沢な 一品!
スタッフによってはきっと何日も前から構想したり、
アイデア無いままギリギリで誰かの知恵に助けてもらったり、
いろいろな事が垣間見えて面白い。
そしてとにかく、一緒に食事する時間は美味しくて楽しい。
火曜はみんな少し帰りが遅くなってしまうけれど、こうゆう時間を大切にしたい。
こちらは、カフェメニューの残りを上手に使い切ったパエリア風 !
敷地内に住む私たちに許されるお酒も。
来年はまたスタッフが入れ替わり、新しい風が吹いてくれることを期待して、
続くと良いな、こんな笑顔。
コメント