取材について思うこと

雑誌に限らず印刷物が少なくなって、その関連の業界はとても苦戦を強いられて

いるのだと想像します。それは勿論世の中にwebという便利なツールがあるわけで、
雑誌を買わなくても情報が得られるからでしょうが、
別の角度からも問題があるのではないかと思うのです。
私が店を始めてからいろいろな雑誌の取材依頼を頂いて感じていること。
多くの雑誌取材が撮影日の早くても1週間から酷い時はほんの数日前に突然の電話や
とても簡潔な文章のメールで依頼文が送られてくる。
「え ? 来週 ? え ? 明後日 ? てな感じ。 またも急ぎだなぁ、対応時間取れるかなぁと」、
返事を躊躇していると、さらに続く発言。
「お忙しいでしょうから、取材しなくても大丈夫、何なら過去撮った写真をメール
に添付さえしてくれれば情報はお店のホームページから拾わせてもらって本誌で使わせて
頂きますから。」と…。
もはや、「無料で載せてあげるんですから写真だけちょうだい。断る理由ないでしょ ?!」
としか聞こえない。これが取材依頼 ?
取材さえ端折り、写真があればO.K。だったら雑誌掲載の意味ある ?
と思い、幾度となくお断りしてきた。
無料掲載なら何やってもいいの ?
いや、多分有料掲載だって、web掲載だって質は変わらないはず。
問題は雑誌社の姿勢であり、担当者レベルの話じゃない。
対応は全国紙も地方紙も変わらないが、
特に地方紙の記事はデコ・ボタニカルの雰囲気を一気に台無しにしてしまう、
写真をピンクのリボンマークや可愛らしいフォントで
被せられ、来てもいないモデルさんが「ステキ〜、美味しい〜」とかコメント書いてる。
もーほんと泣けてくる。
やめて〜、そんなウソだらけの紹介文と可愛い文章やハートマーク、
その全てがデコ・ボタニカルじゃない !

編集者が直接店に来るとか来ないとかなんて、
もはや論外、パッパと撮ってさっさと帰っていく。
私たちの店の雰囲気とか、味とか拘りなんて興味もない。

メニューさえもスマホに収め、あとで「構成しておきますから !」と…。

さらに悪質なケースは来たことも無いのに、こちらのホームページからの情報と、
お客様のブログ記事からも情報を抜粋し、あたかも取材して得た情報のように
間違いだらけの取材内容と変貌していく。
それでいいとか悪いとかではなく、
取材するって本来はどうゆうことなのか。
でも、救われた。
今回の取材は全く違ったのである。
編集者が早くからしっか連絡してきてくれて、こちらの意向や考えを
しっかり取材して下さろうとする姿勢のある雑誌。
対応に反ってこちらがびっくりした。
良かった ! 私が落胆し続けた取材ばかりでないんだ。
10日ほど前、その雑誌の取材を受けた。
何を感じて、何を切り取って貰えるか、今から楽しみである。
改めて取材内容をご紹介したいと思ってます。
つづく

 
コメント