研修旅行

先週の定休日のこと。

遥々千葉県から何回もデコ・ボタニカルにご来店頂いている
とても仲のいい素敵なご夫妻のからのご紹介で
千葉県君津市にある
スタッフと3人で弾丸小旅行して来ました。
20年前に5000坪をオーナーご夫妻で開墾されて今に至るという
イングリッシュガーデンには
私たち夫婦がやはり開墾して作ってきているガーデンと通じるものが沢山
あり、ある意味このタイミングで知って良かった ! と思う。
だって作っている最初の頃に知ったら、その圧倒的な規模に

私たちには出来ないかも・・・と慄いてしまったかも(笑) 

最初はプライベートのつもりで作っていたガーデンを
途中から開放に至った経緯も似ていて、たぶんやりたいことをコツコツと
続けた先に今があるんだと思わずにいられませんでした。
ドリプレガーデンさんには、それはそれは大きな大きなエノキの樹があり、
オーナーがその木に一目惚れして土地を購入
された話も、私たちが2年かけて探し続けた武川の土地との出会いに共通
するお話でした。
この樹の立ち姿は本当に素晴らしいくて羨ましいほどカッコいい ! 
オーガニックに拘って植物を育てているのも共感。
「今年は多くの虫にたべられちゃったの」の言われながらもバラが沢山咲いていましたよ。
ガーデンスタッフのアキちゃんとDBガーデンに無い植物などを探しながら
何周もガーデンを歩き、やっぱりビオトープ欲しいね !
に至りました(笑)
私たちのガーデンには巨木も無いし、バラもビオトープも無いけれど、
( 今のところ・・・? ) 囲まれた森のお陰で山野草が豊富です。
残している木々たちも素朴な栗・楢・ソヨゴ・エゴ・コブシなど里山の風景
として南アルプスの麓に溶け込んでます。
華やかなイングリッシュガーデン
では無いけれど、私たちはデコ・ボタニカルとして
デコ・ボタニカルらしいガーデン
というカテゴリーを作り上げていこう ! と再確認。
ドリプレガーデンのオーナーご夫妻、スタッフのみなさん、忙しい中
いろいろなお話を聞かせて頂きご接待頂きましてありがとうございました。
本当に気持ちの良い風がそよぐ心地のいいガーデンで
お客様側になれたこと、そしてじっくり手を掛けて素晴らしく
育ててきたガーデンを堪能させて頂きました。
私たちにもまだまだ出来ることがいっぱい残されている。
やりたいことがいっぱいある。
この幸せを認識できた事、先人が
示してくれている進むべき先を有難く進むだけではなく、
オリジナリティーを加えていく。
そんな必要性と可能性を大いに感じたいい日でした。
君津と言ったら、ホンビノス貝 ! 帰りに厚生水産に立ち寄って
大きな貝を買って帰りました。
うまうまうま ! 

インドネシアディナー会

お店に何回か来られていたお客様がある夜連れてきて下さった方は

もうすぐ故郷に帰国予定のインドネシアの方でした。
とても上手な日本語で話す明るい彼の趣味がお料理だと聞いて、今度店でみんなで食べましょう ! 
とプライベート企画したインドネシアディナー会。
美味しくて、珍しくて楽しい夜、
ご馳走様でした !
もっとはやく知り合えていたらもっともっとインドネシア料理を
教えてもらいたかったな。
いろいろな出会いが国も越え出して
とても不思議。
先日もオランダからやってきたという、6人グループが突然
入店したきたな。
ここは武川の森の中。
2009年にこの地に出会った頃は
野生動物しかいないエリアだった。
なのに、タイ人やインドネシア人や
オランダ人がやって来てくれる。
ますますいろいろな出会いが続く筈である。
ここで知り合った人と
いつかどこかで再会出来たら。
ごちそうさま。
デコ・ボタニカルを気に入ってくれてありがとう ! 
また再会しましょうね ! 

アッキーです。

 

3年目を迎えるデコ・ボタニカルに

新しいスタッフが加わりました。
北関東から移住してきたアッキーことあきちゃんは、
随分前にも八ヶ岳に短期間居たことが合って
結構北杜市通です。
今は武川町住民になって
ガーデナースタッフとして、どんどん変化していくデコ・ボタニカルガーデンと
一緒に大きな力になってくれることでしょう。
ずっと植物に関係する仕事に戻りたかったというあきちゃんは、
ちょっぴりブランクを感じながらもどんどん緑の力を吸収して
チームメンバーの平井君と知識を共有し体力も付けて頑張ってくれています。
ガーデンで見かけたら声かけてくださいね。
知りたい植物の質問などに楽しそうに答えてくれますよ。
そしてお客様から作庭のご依頼を頂いた時にも
お客様の庭に一緒に出向いて植栽やメンテナンスしていきます。
春から加わったアッキーは四季を通していろいろな表情の山や植物
と経験を重ねていきます。
デコ・ボタニカルガーデンと共にスタッフのアッキーもぜひ応援してください。

 

咲き終わりのオオデマリ

地面を真っ白にして散り際もきれいです。
月一ガーデンボランティアも随時募集しています。
経験豊富な平井君やスタッフのアッキーと一緒に直接植物に触れてみませんか ?
きっと自宅のお庭作りに役立つ知識を持ち帰られますよ。
お申し込みはメールまで
info*deco-botanical.com  ( *を@に変えてメールしてください。)

 

 

ポップアップタイディナーの夜

先日の三日月の夜、デコ・ボタニカルにタイからYAOさんがやってきた。

ご近所のぴたらファームさんの持ち込み企画。
昨年YAOさんが来店してくれてデコ・ボタニカルを気に入ってくれての
ディナー会が実現しました。
ひたらさんとご縁があるタイのシェフYAOさんが作るタイ料理は
化学調味料を一切使用せず、優しく深みのある美味しさ。
通常は夜の営業をしていないデコ・ボタニカルですが、月夜も
雰囲気いいんですよー。

タイのタマリンドやバタフライピ―を使ったドリンクなどと前菜から始まる。
バナナの花弁の器は色どりも可愛く、独特な風味が
デコ・ボタニカルに南国の香りを運んできてくれました。
YAOさんからメニュー説明とご縁に感謝のご挨拶。
なんだか国際的になってきた最近。いろいろな国の方がデコ・ボタニカルにやってくる。
不思議な繋がりはどんどん広がるね。
ジャスミンライス、鹿肉カレー、スープ、カオソーイ、デザート
鹿は白州で捕れたもの。
YAOさんはオーガニックで育った肉しか使わないそう。
酸味の効いたスープは体がポカポカしてお代わりするほど美味しかったな。
カオソーイはチェンマイの麺料理
2種類の麺とタケノコのフライ
優しい味は私の知っているパンチの効いたタイ料理とは違ってた。
カレーとカオソーイで大満足。
ハンドソーイングで作られたYAOさんのレシピ本はかわいい。
ココナッツを使ったりんごのコンポート。
YAOさんはこの後アメリカ各地でもポップアップディナーを開催予定だそう。
楽しい・美味しいディナーをありがとう。
また会えるかな。
Thank you for wonderful meal and very nice time.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イベント情報

おしごと

ご報告

.
先月スタッフを募集し、数名のご応募を頂きました。
ご応募下さった方や情報をシェアして下さった方へ
ありがとうございました !
.
今回スタッフとしてはご縁がなかった方も、ぜひデコ・ボタニカルの今後を
応援して貰えれば嬉しいです。
またいつか何かしらのご縁がありますように。
.
*****
.
すっかり春が芽吹きだしたデコ・ボタニカルガーデン。
新しく加わってくれることになったスタッフは北関東から引っ越してくれることになりました。
一人でも増えれば新しい空気が流れて今までとはまた違ったデコ・ボタニカルが
生まれるでしょう。
.
デコ・ボタニカルの仕事は決して楽ではありません。
一人で持つ役割がたくさんあり、敷かれたレールは無いからです。
.
.
器用で黙々と仕事をする朋さんは、
冬は木こりをし、今は大工のように小屋を建てながら、溶接や木工そして造園も熟し、
店の掃除やメンテナンスを一手に引き受け、週末はマスターとしてコーヒーも淹れてます。
.
慣れないカフェの接客にオープンの年は幾度となく衝突しましたが・・・、
スタッフが入ってくれて役割が明確化されたし、
接客にも慣れてきてくれて今は作業小屋建築を楽しんでいる様子。
.
.
.
食べることが大好きな紗夕里ちゃんは、
味の探求をしながら日々キッチンでお料理を仕込み、
得意なカメラワークで素敵な写真をいっぱい撮って
デコ・ボタニカルの今を紹介してくれています。
.
1年前、免許取得したばかりで移住して来た時の冷や冷やする運転をしていた彼女は、
今は年期の入った癖の強いジムニーを乗りこなして活動しています。
森の小屋に住まいを落ち着かせ
今年は山登りデビューするそうです!
粘り強さと負けん気は人一倍。彼女が存在するだけで明るい空気が広がります。
.
.
.
チームスタッフであり、ガーデンワークの頼れる平井君は、
冬の間、多くの日々をデコ・ボタニカルで作業してくれていました。
森の間伐やフットパスの整備、暴れた木々の剪定と石張りの補修など、
毎日やることが山の様。
.
冬のシーズンは少し静かだった平井君ですが、春の陽気を肌で感じ始めると
足元が躍りだし、小さな口笛が聞こえてきます。
.
たくさん話してたくさんのものを乗り越えた冬シーズン。
仕込んだ多くの成果は必ず春以降やってきてくれることでしょう。
実は飲食店勤務経験者だった過去を持ち、時に良きメニュー開発のアドバイザー
にもなってくれています。
.
.
.
私はというと、
昨年は夏に右膝の手術、秋に左膝の手術と
入院とリハビリの一年でした。
趣味の山スキーと長い開墾生活での無理がたたり、とうとう
体のあちこちが悲鳴をあげました。
.
でもスタッフの紗夕里ちゃんと朋さんに店を任せることが出来きて入院できたし、
平井君のお陰でガーデンはより良くなっていて
私はチームの有難さをつくづく感じることが出来ました。
.
今はようやく膝の調子と体力が元に戻りつつあって
体が動けば新しい事に目が向く性質のお陰で
やりたいことが沢山浮かんでしまう。
体と心は繋がっていると
実感します。
.
今後のデコ・ボタニカルを妄想する毎日をスタッフと共有しながらおしゃべりし、
実現化していく日々が楽しいです。
.
.
昨年は展示会という形で関わったチームのnomosメンバーは
今年は空間デザイン部門でまた一緒に関われそうな予感です。
みんなの得意なところでお互いを支え合い、
関わることでより成長させてもらう。
.
.
新しく加わるスタッフにも刺激し合える仲間になって欲しいと思います。

オーガニック・タイシェフの1dayポップアップディナー開催

デコ・ボタニカルにタイ・チェンマイから、自然派シェフェYaoさんがやって来てくれます !
ご近所ぴたらファームさんとのコラボ企画。

1dayだけのポップアップディナーの開催です。

普段は夜の営業はしていませんが、この日は素敵な夜の雰囲気と
オーガニックタイフードの香りで満たされますよ/

 

<ポップアップディナー 詳細>
 日時:4月20日(金)  19:00〜
    ビュッフェスタイル 先着30名様限定

参加料:3,500円(タイへ誘うエキゾチックなドリンク付き) 

    ワンドリンク以降はキャッシュオンにて、ソフトドリンクやアルコールをご注文

いただけます。

  ・ 
  場所:デコ・ボタニカル 
  山梨県北杜市武川町柳澤3022-9

 

---------プロフィール紹介--------
 Yao
<ChiangMai在住 オーガニックカフェ”バーズネストカフェ”
メキシカンレストラン"Ole" オーナー・シェフ The Yao of Cookingの著者>

タイで今、最も影響力のあるオーガニック農場
Punpun Organic Farmでの暮らしを通し、
在来種の野菜の良さや、化学調味料を使わず、
素材から手作りする料理に目覚める。

シンプルでありながら、素材やハーブを活かしたユニークな
取り合わせのレシピが定評。
初の著書"The Yao of Cooking"では、その土地にある
旬の食材をうまくとり合わせる調理法を紹介。

”Food is Life. Food is Culture”
(食べ物はまさに人生。食べ物はまさに文化。)
のコンセプトの元、遺伝子組換え作物に反対する運動として、
遺伝子組み換えでない種から育てた野菜を調理し
皆で食べるイベントの料理を担当するなど、
食を通してメッセージを届ける活動に取り組んでいる。

イベントケイタリングや、メニュー提供以外にも
国内外に呼ばれ料理教室を開催。

イタリアのスローフードの祭典では、タイ代表で参加経験もあり。

今、チェンマイのオーガニック界で最も有名で最も人気のシェフです。

 

JUGEMテーマ:イベント情報